分かりやすく自己効力感とは何か解説

自己肯定感とは分かりやすく

哲学書なんかで自己効力感という用語が登場します。
自己効力感とは何か、理解できないと
本を読んでいてもしんどくなりますね。

そこでこの記事では分かりやすく自己効力感とは何か、
解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

自己効力感とは何か分かりやすく解説します

自己効力感とは

「自分が失敗するわけない、このままやれば絶対にうまくいく」
とか。「これなら自分はできそう」と言った感じで
失敗を恐れず、自信に満ちている状態が自己効力感といいます。

自己効力感とは分かりやすく説明すると
自信に満ちあふれていたり、
失敗を恐れずチャレンジできる感覚のことをいいます。

逆に自己効力感がない人というのはやたらと失敗する自信があります。
なので、やる前から失敗する理由を探して言い訳します。

たとえば自己効力感がない人はスケートに行く前から
「どうせ、スケートに行っても滑って転んで骨折するかもしれないからやりたくない」みたいなことを言います。

逆に自己効力感が高い人はスケート未経験でも
「10分くらい練習したら滑れるようになるはず」
と絶対にうまくいくと感じています。

最後にまとめますと
自己効力感とは自信に満ちあふれていたり、
失敗を恐れずチャレンジできる感覚のことをいいます。

どうせなら自己効力感は高く持っておいた方が
とりあえず行動できるので何事もうまくいく可能性が高いでしょう。

こちらも参考に! ⇒自尊心・自己肯定感まとめブログ目次

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る