セルフエスティームとはどういう意味?

セルフエスティーム 意味

「みんなサッカーの経験者を採用したのに
なぜか試合に勝てない。というか、みんなやる気ない」
とか、「文章を書かせても誤字脱字ばかり」ということがあるなら
もしかしたらセルフエスティームが低いのかもしれません。

こんな感じで、セルフエスティームという用語を使いましたが
どういう意味なのでしょうか?

この記事ではセルフエスティームとはどういう意味なのか、
解説したいと思います。

スポンサードリンク

セルフエスティームの意味

セルフエスティーム

まずセルフエスティームは日本語ではありません。
セルフエスティームはSelf-esteemと書きます。

Selfはセルフサービスという言葉があるように
自己という意味です。

セルフサービスは自分で水を組んだり、
出来上がった料理を自分の座席に持っていくような意味がありますから、
なんとなくわかっていただけるでしょう。

esteemは尊重するという意味です。

なのでSelf-esteemとは自分のことを尊重することという意味になります。
そして日本に存在している用語に置き換えてみましょう。
Self-esteemは自己肯定感という意味になります。

自己肯定感(セルフエスティーム)とは自分は価値のある人間なんだと感じることです。

「自分はできる人間だ」「自分がやれば絶対にうまくいく」と
確信できている人はセルフエスティームが高いといえます。

逆に「どうせ俺なんてできるわけない」とか
「絶対に失敗するからやりたくない」と弱腰なことを考えたり
言ったりする人はセルフエスティームが低いです。

さいごにまとめますとセルフエスティームは自己肯定感のことで
自分は価値のある人間なんだと感じることをいいます。

こちらも参考に! ⇒自尊心・自己肯定感まとめブログ目次

スポンサードリンク

セルフエスティームとはどういう意味?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

自尊心とはプライドと5つの違いがある
自尊心が低い人の7つの特徴とは?
自尊心を高める子育て5つの方法
相手の自尊心を高める言葉5選

スポンサードリンク

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る