介護福祉士資格があれば日本全国どこでも働けます

イメージ左

転職も容易な介護福祉士について

介護福祉士は国家資格であり、

一度登録すると再登録の必要はありません。


そのため、育児が一段落してから

仕事に復帰しやすい資格と言えます。


また、日本全国どこでも介護福祉士として

働くことができるため、

引越しをしても転職しやすいです。


資格取得するには、

スクール選びから始めましょう。

介護福祉士の資格の位置付けとは?

キーワードを含め紹介(右より画像)

介護福祉士の資格は1987年に、

社会福祉士及び介護福祉士法という法律が

制定されて誕生しました。


そのため介護福祉士の資格は

介護を専門とる国家資格です。


職業として専門的に介護をすることで、

高齢者の命を守るとてもやりがいのある資格です。

介護福祉士の資格取得者数は、まだ不足しています

キーワードを含め紹介(左より画像)

平成22年の介護福祉士の登録者数は、

898,429人で、毎年約8万人程度増えています。


しかし、介護福祉士はまだまだ不足しています。


介護をめぐって介護事故が起こるため、

専門的な知識や技術を持った介護福祉士が、

必要となっています。


そのため、介護福祉士の資格を取得すると

就職・転職に非常に有利となります。


介護福祉士の資格に興味のある方は、

まずはくわしい資料を入手しましょう。


介護福祉士の資格を取得して、就職をするには?

就職には資格が不可欠になりつつあります

介護福祉士の資格は業務独占資格ではなく、

名称独占資格です。


そのため、資格を取得しただけでは、

すぐに介護のエキスパートというわけでもありません。


しかし、採用する側から見れば、

介護福祉士という国家資格を取得している方を優先します。


なぜなら、一定の介護の知識や技術は持っていると

判断できるためです。


介護保険制度になり、

介護福祉士の重要性が高まってきています。


これからも介護の就職には、

介護福祉士の資格が不可欠となるでしょう。

介護職員の業務内容とは?

訪問介護・訪問入浴介護・通所介護・短期入所生活介護・認知症対応型共同生活介護・通所リハビリテーション・介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設があります。


上記の中でも、訪問介護は非常勤の方が多いです。